どうも 、イギリスに留学中、ホームシックになり、克服することができたカズです。

短期でも長期の海外留学でも留学生ならほとんどの確率でなるのがホームシックです。

今回はなぜホームシックになるのか、それと実際に克服方法をシェアしたいと思います。

ホームシックになる時期、なぜなる?

ここからは自分自身の経験と同じ知り合い留学生たちから聞いた話を元に分析して行きたいと思います。

ホームシックになる時期

留学が始まってから一週間から長くて2ヶ月ほどは見るもの聞くこと全てが新しくて、半分旅行者気分です。

あれはなんだろ。

これはなんだろう。

美味しそう

楽しそう

楽しみ

いろんなポシティブな思いが多くこの頃は帰りたいなんて思いはサラサラです。

せっかくきたんですもの、この期間は気分がルンルンで、何もかもが楽しく思えます。

ですが2ヶ月、3ヶ月を過ぎた頃から人によってホームシックになる事が多いそうです。

もちろん、個人差はあります。

羨ましいことに、中には全然ホームシックにならに人もいます。

なぜホームシックになるのか?

ホームシックになるきっかけは、何か小さいネガティブな事が多いです

現地の人の行動や文化が理解できない

海外で軽く差別されてしまった

人間関係がうまくいかない

勉強がうまくいかない

風邪をひいた

怪我をした

などです。

このような小さい出来事の積み重ねで、旅行者気分から一気に現実に戻されます。

そして自分の孤独さに気づくのです。

日本から遠い場所にいて友達もまだ作れていない時は本当に辛いです。

SNSが復旧している今、日本にいる友達が載せる写真などをみて羨ましく思うこともありますよね。

これが考え方を変えない限り、行動しない限りどんどんホームシックになってしまうのです。

ホームシックになった時に役にったった克服方法

ホームシックの定義やどんな症状に陥りやすいかは、私より詳しい専門家がたくさんいるので書きません。

それより大切なのは克服方法です。なので経験をシェアできれば良いなと思います。

自分が実際にやった方法や、知り合い留学生が実践した克服方法を紹介したいと思います。

速やかに部屋から出る

ホームシックになった時によくなるのが引きこもりです。

まず部屋から出ましょう。出ないと何も始まりません。

どこにも出たくない。誰とも話したくない。などと思ってしまうのですが、

家にずっといても、寮の居心地をよくしても、なんもホームシックの克服にもなりません。

克服できたとしても、何も得る事がないつまらない留学生活になっていしまいます。

遠出してみる

その留学先を選んだのには理由があるはずです。

自然が豊かだから。

天気がいいから。住みやすいから。

治安がいいから。

食べ物が好きだから。

ずっと前から憧れていた国だから。

自分の好きなアーティストや映画の舞台だったから。

ですよね?

その理由を元にして遠出してみましょう。軽い小旅行みたいなものでもいいのです。

気分転換はとても大切です。

ただ遠出するのではなく、その国、その場所のポジティブな所を探してみましょう。

ネガティブなところを探し当ててもなんも気持ちのプラスになりません。

旅行してみる

お金と時間に余裕がある場合、周りの国に旅行するのもいいですね。

ヨーロッパやアメリカに留学しているのであれば、近くにたくさんの国があるので旅行に出かけてみましょう。

一回全て忘れるのです。純粋な気持ちで旅行を楽しみましょう。

実際に自分自分も夏のイギリスの曇りと雨続きの天気がいやになり、スペインに旅行に行きました。

久しぶりのウキウキ感と感動を味わって帰ってこれたので、その後の気分が全然違いました。

旅行を通じて、留学先の国の良さを見つけることもあるでしょう。

自分は周りの国を旅行して、イギリスがどのくらい進んでいるのかを発見する事ができました。

(もちろん、日本ほどじゃなかったけどね)

日本食を食べる

聴覚、視覚、と同じほど影響力があるのが味覚ですよね。

気分転換に日本食を作ってみましょう。もちろんこれはすでに寮で毎日作っている方もいるかもしれません。

ですが、寮のキッチンを使って調理できない場合、材料が手に入りにくい場合は近くにある日本食レストランに行きましょう。

完全に再現されている確率は低いです。

「全然日本食の味がしない」なんてレビューはゴロゴロ転がっているお店もあるでしょう。

ですがこれはこれでいい話のネタにもなりますし、「日本食がこんな風になるんだ笑」と少し笑てしまうかもしまうでしょう。

ポジティブなことがあここにもありましたね。

大学のソーシャルイベントなどにに参加する

人と話すこともとても気持ちを楽にさせてくれる事があります。

悩んでいるのなら、よく「相談した方がいい」と言われますよね?

ソーシャルイベントと言っても、やはり知らない人に声かけるのはとても気が引けますし、恥ずかしはあるかもしれません。

ですがイベントに参加している人は、皆誰かと話すとい同じ目的でわざわざきているので、どんどん話しかけましょう。

話しかけやすいのであれば、日本人でもいいかもしれません。そしてその日本人と一緒に誰かと話して見たりと、色々な本があります。

話のネタがないなんて、ないはずです。これまで紹介してきた克服方法を見てください。

全て話のネタができるものばかりですね!

友達を作る

友達を作ることは、簡単そうに見えてとても難しいことです。なので最後にしました。

ですが友達ができると、毎日が違う世界に見えてくるでしょう。

勉強だけの留学生活だけではなく、

友達とご飯に行けたり、

旅行したり、

思いを打ち明けたり、

相談ができたり、

様々なことができるようになります。

オンオフがはっきりと別れ、この課題は終わらせておこうと、生活にメリハリが生まれます。

そうするうちに自然と、気づけばホームシックが克服されるのです。

家族や友達と電話

Wi-Fiがスポットがどこにもあるこの時代、インターネットに接続さえすれば、日本の情報はバンバン入ってきます。

日本のエンタメニュースに遅れをとることもなくなるでしょう。

このインターネットを使って家族や友達と電話してみるのもいいでしょう。

FaceTimeやラインでも通話やテレビ電話ができるので使えるものはどんどん使いましょう。

私も何回か友達や家族とテレビ電話などをしてました。

終わりに

ホームシックになてしまうのはふ普通のことで、おかしいことではないのです。

ですが、途中でホームシックになてしまって留学に失敗したというのは理由になりません。

なぜなら自分の行動一つで全て変わるからです。

もしあなたが現在ホームシックであるのならば、この記事が克服の手助けになることを願っています。

留学生活を楽しもう!

 

 

 

シェアする:

kazu

イギリスで情報セキュリティー関係を目指す大学生ブロガー 旅行と食べる事と写真撮影が趣味です。イギリスに来る留学生の手助けをメインテーマに書いていきます。 あ、ちょくちょくIT系も書いていきます笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です