コネリアーノ ヴァルドッビアーデネ はプロセッコに使われるブドウの産地

Conegliano

コネリアーノ と ヴァルドッビアーデネ はどちらも実はイタリアの地名なんです。

ですがここは特に観光地ではないです。スパークリングワインの一種であるプロセッコに使われるブドウの産地なんです。

そしてここコネリアーノ と ヴァルドッビアーデネ の間の山肌が Conegliano Valdobbiadene Prosecco Superiore DOCG と言う最高グレードのブドウが栽培されている場所です。

ちなみに側にある画像はコネリアーノ駅にある看板で付近のワイナリーが表示されています。プロセッコやスパークリングワインについてもっと知りたい方はもっともっと詳しく説明されている方々のサイトをご覧ください!

もちろんワイナリー見学もここでできます!ここで過ごした1日も記事にしているのでどんなことが出来るのか、参考になればと思います!

 

イタリアでワイナリー見学 ! コネリアーノ ヴァルドッビアーデネ での一日

アクセス

コネリアーノ への行き方


イタリア旅行の最中、ベネチア観光中に私はコネリアーノへ行きました。

調べてみたところ、ローマやフローレンス、ミラノどの観光地から コネリアーノ に行く場合はほとんどの場合ヴェネチアメストレ(Venezia Mestre)と言う駅を経由するようです。

実際私もヴェネチア旅行中にヴェネチアメストレ駅の近くに宿泊していたのでここから向かいました。

基本情報

  • ヴェネチアメストレ駅からコネリアーノ駅までは一本の電車で行けます。
  • 乗り換えもなしで所要時間は35分から40分です。
  • 電車賃は片道€5でチケットは駅で買うことができます。

わからない場合はそばにいる駅員に助けを求めましょう。ただ、“コネリアに行きたいんだけど” と言いたい場合注意しなけらばならないことがあります。

それはイタリア語の発音です。コネリアーノをイタリアじんが発音すると”コネッィアーノ”と行っているように聞こえるので通じない場合はコネッィアーノを試してみましょう!

ヴァルドッビアーデネ への行き方

Conegliano出発地によっても変わってきますが最も考えられるケースを例に説明したいと思います。

ワイナリー見学に申し込んだ方は送迎がついている事が多いのでこれらは自力でお気に入りのワイナリーを訪れたい方向けです。

コネリアーノの方が規模的には大きいため ヴァルドッビアーデネ だけ行くという方はすくないかもしれませんのでコネリアーノ経由をオススメします。

コネリアーノから

コネリアーノから ヴァルドッビアーデネ へ行く場合タクシーかバスになるかと思います。少し遠回りと時間がかかりますが、電車でも行くこともできます。(一回ヴェネチア方面に戻る感じ)

オススメはバスです。夏の暑い時期に行きましたが、空調完備の大型バスが使われていました。

バス停の場所

基本情報

  • 時間帯によっては乗り換えなしでいける。
  • 132番のバスに乗り、所要時間は大体一時間強。
  • チケットはバス停近くの雑誌売り場に売ってます。
  • 運賃は距離によって変わる。(32キロの距離)
  • 運賃は乗る前に買うと€3.9、バスの中で買うと€6かかります。

その他の場所から

ヴェネチアから行く場合、コネリアーノに行くのと同じ電車に乗りコネリアーノから一歩で前のトレヴィッソまで行きます。そこからバスかタクシーになります。

経済的なのはバスですがそうなるとヴェネチアからヴァルドッビアーデネまで2時間以上かけて行くことになります。なのでやはりコネリアーノまで行ってそこからバスで行くのがオススメです

ローマやミラノから行く場合もヴェネチアを経由することになるのでヴェネチアまでのアクセス方法がわかればあとはこのページで説明した通りに行きます。

 

シェアする:

kazu

イギリスで情報セキュリティー関係を目指す大学生ブロガー 旅行と食べる事と写真撮影が趣味です。イギリスに来る留学生の手助けをメインテーマに書いていきます。 あ、ちょくちょくIT系も書いていきます笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です