コネリアーノ ヴァルドッビアーデネってどこ?


ってほとんどの人が思うかと思います。

そうなんです。ワインやスパークリングワインに詳しい人でなければあまり馴染みがないところだと思います

場所的にはイタリアの大人気観光地ヴェネチアから近い位置にあり、スパークリングワインの一種であるプロセッコに使われるブドウの生産地になります。ワイン農家もたくさんあり ワイナリー見学 も行われています。

行き方についてはこちらで詳しく紹介しているので参考にしてください!

 

コネリアーノ ヴァルドッビアーデネ への詳しい行き方

コネリアーノ観光

ヴェネチアに三日間滞在中の私、最終日に少しだけヴェネチアを離れてコネリアーノに足を運びました。
ヴェネチアでの滞在記はこちらから!

 

ヴェネチア でのバックパッキング三日間

Museo Civico di Coneglianoコネリアーノ駅付近、本当に観光客はいません。。。

どこをみてもローカルの人ばかりでバックパッカーなんていません。笑

ですがさすがブドウの生産地、ワイン屋さんがあちこちあります。この辺りのランドマークは Museo Civico di Conegliano という、昔の城を街のミュージアムに改装した場所らしいです。

ワイナリー見学

Perlageここにきた最大の理由はワイナリー見学です。このエリアにはプロセッコなどを作っているワイナリー(vinyard)がたくさんあります。

そのほとんどのワイナリーは見学コースがあり、ワイン製造の工程を見る事ができます(要予約 ツアーで行く事も可)。

どうしても見学したい!ワインの作り方を知りたい!そう思った私はバイト先で提供しているプロセッコを生産しているワイナリーにお邪魔しました。

Perlargeでのワイナリー見学

PERLAGE

結論からいうと タンクの清掃中という事で、残念ながら製造の全行程は見れませんでした。泣

それでも親切にどのように機械が動くのか、貯蔵するのかなどを細かく説明していただきました!同じように見えるワインでも一つ一つの違いをを説明してくれたりなんと最後は試飲まで!写真撮影もOKでした。

よく見るのは酔っ払うためにワインを飲んでる人がいますが裏側には色々な苦労や思いがあるんだなと改めて思いました。

終わりに

初めてのワイナリー見学 とても勉強になりました。少し遠いかもしれませんがワイン好きの方なら一箇所一箇所行く価値があると思います。お気に入りのワインの製造元に行って見るのもいいかもしれませんね!

自分は製造工程と作っている人たちを知っている事以上に、提供するものに対して自信を持てる要素はないと思っています。この見学を機に自信を持ってこのワインを進められるようになりました。

kazu

イギリスで情報セキュリティー関係を目指す大学生ブロガー 旅行と食べる事と写真撮影が趣味です。イギリスに来る留学生の手助けをメインテーマに書いていきます。 あ、ちょくちょくIT系も書いていきます笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です