スマホ上で動画編集ができる無料アプリ「inshot」

以前こちらの記事で使い方を詳しく紹介させていただきました。

こちらの記事からある程度の時間が過ぎ、その間にinshotのアプリ自体がなんどもアップデートされました。それと同時にUIの変更や使いやすくなったので変更点をまとめてみたいと思います。

 

InShotとは?

まずはおさらい。

Inshotの最大の特徴は使いやすさと機能の多さ!しかも縦のまま動画編集ができるので保存してそのままインスタストーリーに乗せる事ができます!

この機能ホントに良い!

 

前まではiPhoneやMacで使えるiMovieというアプリを使っていたんですが、iPhone版は機能がすごく制限されてしまうんです…

InShotがiMovieより優れている点をまとめてみた

ですがInshotはトリミング(動画の切り取り)、トランジション(次の画面への変わり方)の設定、速度調整、音楽の追加はもちろん!、

フィルター適応、テキスト追加、キャンバスの変更、その他便利な機能、ステッカーの追加などもできてしまうんです!

さらには画像を動画にする事も…

アップデート後の変更点

ここからは変更点をまとめてみたいと思います。全体的にみて一番大きく変わったのはデザインです。

ホーム画面と動画の取り込み

アプリを開いと時のデザインが変わりました。とてもモダンなデザインになりました。

新規プロジェクトの作成時に「ビデオ」をタップすると、新しいのを作るかそれとも続きから編集を選ぶことができるようになりました。

同時に保存されている下書き(ドラフト)も管理できるようになっています。

 

ツールバーの配置

編集中の動画とタイムラインの間にあるツールバーにあるツールの並び順が変わりました。

配置のスタイルとしては、動画全体に適用させるものが前の方に来ています。前方にあるツールは以下の通り:

  • 背景
  • 音楽
  • ステッカー
  • テキスト
  • フィルター

これらのツールは直接素材を編集するものではないのでタイムライン上の素材を選択していなくても追加することができます。

それと同時に、動画一つ一つを編集していくときに使われるツールは後ろの方に並んでいます。これらのツールを使うときは編集したい素材を選択します。そうでないとグレーに変わっており、ツールを選択することもできません。

後ろにあるツールは以下の通り

  • プレカット
  • スプリット
  • 削除
  • ボリューム
  • 速度
  • 繰り返す
  • 回転
  • フリップ
  • 逆再生

これに伴い、以前あったショートカットはなくなりました。ですがこれで編集時にタップする回数が減るのでシンプルで使いやすくなったと思います。

 

下書きがもっと保存できるように!

以前まではかなり少ない数の下書き(ドラフト)しか保存できなかったのが、アップデート後試したところ、11個ものドラフトを保存することができました。

ただし、ドラフトとして保存しているときに元の動画を消してしまうとプロジェクトから消えてしまうので注意が必要です。

 

さいごに

以上、「「Inshot」がアップデートで使いやすく!変更点などを詳しく紹介」でした。

紹介しました通り、一番大きな変更点はデザインです。なので今まであったツールはまだありますし、新しく追加された「逆再生ツール」などもあります!

kazu

イギリスで情報セキュリティー関係を目指す大学生ブロガー 旅行と食べる事と写真撮影が趣味です。イギリスに来る留学生の手助けをメインテーマに書いていきます。 あ、ちょくちょくIT系も書いていきます笑

1件の返信

  1. 2019年12月7日

    […] 「Inshot」がアップデートで使いやすく!変更点などを詳しく紹介https://kazuworldtravel.com/howtouse-inshot6/スマホ上で動画編集ができる無料アプリ「inshot」以前こちらの記事で使い方を詳しく紹 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です