スマホで動画編集、慣れてくると色々やってみたい事や試してみたい編集テクニックが増えてきますよね。

今回はたくさんある中のひとつ、ピクチャーインピクチャーのやり方を紹介します。

まずはApple純正iOS向けアプリ「iMovie」を使って説明しますが、おってアンドロイド端末対応のアプリでも紹介したいと思います。

 

ピクチャーインピクチャーとは?

ピクチャーインピクチャーとは動画編集テクニックのひとつで、ひとつの動画の赤に別の動画を重ねるテクニックです。

身近では、テレビでよく使われていことが多いです。VTRが流れている時にスタジオのゲストを画面の隅で観られるのはこのピクチャーインピクチャーのおかげなのです。

iMovieでピクチャーインピクチャーのやり方

1.元となる動画を取り込む

iMovieとダウンロードしたら、早速「1」のマークを押して、新しいプロジェクトを作りましょう。

その次に、使いたい素材を取り込みましょう。(2のマーク)まだここではピクチャインピクチャーで使いたい素材は読み込まないでください。もちろん後からやっぱりピクチャーインピクチャー用の素材に変える事はできます!

 

2.ピクチャーインピクチャー用の素材を選択する

元素材を取り込んだらタイムライン(素材が並んでいるところ)が表示されます。ここで、3のマークのプラスボタンを押して再度素材選択画面に行きましょう。そしてピクチャーインピクチャーとして使いたい素材を選択しましょう。

この時に、プラスマークを押さずに三つのドットを押しましょう(4番のところ)。そして出てきたオプションから「ピクチャ・イン・ピクチャ」を選択します。

こうすると、この素材が元の素材の上に乗るのです!

3.ピクチャーインピクチャーの素材をいじる

タイムライン上の素材を選択すると色々いじることができます。

一番上の虫眼鏡マーク「ピンチで拡大縮小でズームインができます。」

真ん中の矢印マーク「ドラッグで配置 ピンチでサイズ変更」を使うと、ピクチャーインピクチャー素材の置き場所や大きさを変更できます。

一番下にある長方形をクリックすると縁を白くしたり、縁をなくしたりできます。

まとめ

以上、「【図解】iMovieで動画の中に動画を入れる方法」でした。

簡単に動画編集ができる「inshot」を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください!

kazu

イギリスで情報セキュリティー関係を目指す大学生ブロガー 旅行と食べる事と写真撮影が趣味です。イギリスに来る留学生の手助けをメインテーマに書いていきます。 あ、ちょくちょくIT系も書いていきます笑

1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です