今回はイタリア!そして ポルトフィーノ ! 実は私、ずっと前からイタリア旅行が夢だったんです。

今回私が取ったルートはミラノ→ ポルトフィーノ →ミラノ→ヴェネツィア→ローマというプランです。ですがミラノとヴェネツィア滞在中には有名な ポルトフィーノ やProseccoの産地などをめぐりました。詳細はその都度シェアしたいと思います!

ミラノ到着

Milano Centreミラノには近くに空港が三つあります。メインのような空港のマルペンサ国際空港、リナーテ国際空港と、今回私が到着したオリオ・アル・セーリオ国際空港です。

この空港はベルガモという郊外の街にあるんですが、そこを発着するフライトが日本でいうLCCなどでとても安いです。

なのでバックパッカーの私は今回この空港を使ってミラノ入りしました。
郊外の空港ですがミラノ市内へのアクセスは高速バスがメインですので、乗り換えの心配などせずにいけました。

ミラノ観光

下調べした感じ、ミラノは人によっては見るものが少ないというのを聞いていたので、まず最初にミラノで一番有名なミラノ大聖堂に行きました。

やはりデカイ… その大きさに圧倒されました。

この大聖堂の左側にはとっても中が綺麗なガレリアというところがあり、そこも散歩しました。この大聖堂の左側にはとっても中が綺麗なガレリアというところがあり。そこも散歩しました。

Duomo FrontGallaria

初めてのAirBnB

そうなんです。今回私は旅費を抑えたいということもあって、流行りの初めてAirBnBを使いました。

もちろん選んだのはミラノ市内からアクセスが良くて一番安かったミケルさんと言う方が運営している場所です。

初のAirbnbだったので一連のプロセスがはっきりとしないまま右往左往。ですが今回のホストさんは優しい方で、質問などを答えてくれたりオススメの場所などを教えてくれました。
ちょうどその夜ACミランの試合だったので一緒に試合観戦もしたんです。すごい応援に熱心で追いつけなかった…

初めてのAirBnBについてはまたおって書きたいと思います。一番思ったのが、「やっぱりホームステイ感覚はいいなぁ。」

美しすぎるポルトフィーノ

ポルトフィーノ

二日目です。

この日ミラノで一日を過ごさずに

私はディズニーシーのエントランス付近のエリアのモチーフにもなったとされる、ポルトフィーノに行くことにしました。

オススメの行き方などはこちらの記事に詳しく書いたので参考にしてください!

 

【2018年現在】イタリア ポルトフィーノへの詳しい行き方とオススメの方法

到着するや否や、感動で鳥肌が立つくらい綺麗な光景が目に飛び込んできました!

みんな焦らずゆっくり歩いていたりで、ちょっとしたリゾートのように時間がゆっくり流れているように感じました。

ポルトフィーノで最高の写真が取りたいのなら、丘に登りましょう。5分足らずで登れてしまう距離で、その頂上からはポルトフィーノを高い位置から眺めることができます。最高ですこの場所!

ここ、 ポルトフィーノ 、物価はとても高い気がします。ですがせっかくここまできたので、私はシーフードのスパゲッティを頼みました。

Seafood spaghetti味は今まで食べたシーフードスパゲッティの中で一番美味しかった気がします!なみにこのスパゲッティ、ボトルの水と勝手におかれるパン全て込みで24ユーロしました。泣

15時くらいに今度はバスを使ってサンタマルガリータリグレに戻り

そこからまたミラノへの電車に乗りました。

ちなみにバスは時刻表に書かれている時間よりも10分ほど遅れてきたので、もし時間通りにこなくても気長に待ちましょう笑

ミラノ最後の夜

初めて食べたイタリアのピザ

ピザと言っても、様々な形、厚さや味のピザがあります。今回ミラノで食べたピザは一切れ5ユーロと少し高め(ピザまるまる一個で6ユーロのところもありました)ですが、とっても分厚く、一切れで満腹になるほどです。Pizza

そしてピザの後、今度はミラノ風リゾットを食べました。

感想はというと、「お米が日本のお米だったらなぁ。」

残念ながら某イタリアンのミラノ風ドリアはどこを探してもなかったです。笑

終わりに

以上、絶対に行くべき!ミラノ・ポルトフィーノ観光でした。この続きの様子もアップしたいとおもってるのでぜひ!

 

ヴェネチア でのバックパッキング三日間 1日目

kazu

イギリスで情報セキュリティー関係を目指す大学生ブロガー 旅行と食べる事と写真撮影が趣味です。イギリスに来る留学生の手助けをメインテーマに書いていきます。 あ、ちょくちょくIT系も書いていきます笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です