日本でも外出自粛が要請され、普段行くレストランやカフェなどが閉まり必然と自炊をする機会が増えるこの頃。Uber Eatsなどで宅配もまだできますが、この機会に料理と言うものに手を出してみようと言う方も少なくはないはず。私もそうです…

ですがすぐに当たる壁があります。それはレパートリーの少なさ。4日が5日でもう献立がつく… そんなみにさんに朗報です。

いまツイッター上で話題なのが「#外出禁止を乗り切ろう」と言うハッシュタグ。

#外出禁止を乗り切るメニューとは

Twitterで検索したところ3月20日前後からスタートしたトレンド。この頃にはすでにヨーロッパの数カ国ではロックダウン状態。イギリスもこの頃からロックダウン状態となりました。遡って見たところこのようにして始まったそうです。

上のように、最初はみなさんその日に作ったものなどを投稿していました。ですが途中からみなさんレシピと一緒に投稿を端め、軽いクックパット状態になってきています。初めはヨーロッパで始まった物ですが現在はアメリカや日本からの投稿もポツポツと出てきています。

献立のレパートリーが底をついた時に

このトレンド、使える!

私もこのトレンドを見つけたのは少ないレパートリーをループしすぎて何か他に作る物がないかと探していた時。見てみると洋風から和風までたくさんの料理が世界各国の食卓から紹介されています。

もちろん、Twitter上なのでDMが開放されていれば詳細を聞くこともできます。そしてすぐに材料を買いに行けばいいのです。いつも使ってた食材が予想もしなかった使い方、組み合わせでこんなにも美味しい物が作れるのかと。びっくりします。

世界各国で作られている物なので、日本にいながらも外国の料理が学べる圧倒的チャンスでもありますね。

まとめ

以上。「【献立のマンネリ解消?】#外出禁止を乗り切るメニュー で他人のレシピを盗む!」でした。みなさんもぜひ一度#外出禁止を乗り切るメニュー をご覧になってください。思わず作りたくなてしまうものが見つかるはず!日本版の#も出てきそうですね!

シェアする:

kazu

イギリスで情報セキュリティー関係を目指す大学生ブロガー 旅行と食べる事と写真撮影が趣味です。イギリスに来る留学生の手助けをメインテーマに書いていきます。 あ、ちょくちょくIT系も書いていきます笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です