スペイン料理の一つ、タパス。

バルセロナ市内の様々な場所でタパスのお店があります。

私が紹介するのはバルセロナの銀座のような通り、グラシア通りにある「TXAPELA」というピンチョス屋さんです。

TXAPELA

txapela4

読み方はチャペラです。グラシア通り(Passeig de Gràcia)に2店舗あります。

夜遅くまで空いているため空港に夜遅くに到着する方で、この近辺に滞在する方にオススメです。土曜日はAM2時まで営業しています。

TXAPELAで何が食べられるのか

TXAPELA

こちらがメニューです。画像でメニューが出ていて横に番号がのってあるので、番号か指差しで注文する事ができます。

 

こちらのメニューではカタルーニャごでピンチョ名と説明が載っているのでよくわかりません。ですがマルチ言語な冊子を渡されるので、写真のピンチョ番号を確認して冊子で参照して説明を見る事ができます。

 

私が注文したもの

TXAPELA2

上のメニュー画像の半分上はあったかいピンチョ(肉など)、下半分は冷たいピンチョです(魚など)。

2、9、12、14、32、34、36、40です。直感で決めましょう。全て美味しかったです。笑

オススメは14番!

TXAPELA3

値段は高いの?

バルセロナのメイン通りです。

私は5つオーダーして、コーラつきで15ユーロでした。一個一個の値段はバラバラですが平均的な値段は1ピンチョあたり2.2ユーロでしょうか。

小腹が空いた時や軽く食べるときに最適です。と言っても、フランスパンにのっているためお腹にたまります。

 

さいごに

以上、「ピンチョス屋さんで迷ったら絶対にここに行って欲しい」でした。

実はここ、今まで二回行った事があり一年感覚ですがメニューが少しだけ変わっていました。

安定な美味しさで、残念な思いは絶対に市内ところなのでバルセロナで何を食べればいいかわからない方はぜひここに行ってみてください!

 

シェアする:

kazu

イギリスで情報セキュリティー関係を目指す大学生ブロガー 旅行と食べる事と写真撮影が趣味です。イギリスに来る留学生の手助けをメインテーマに書いていきます。 あ、ちょくちょくIT系も書いていきます笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です