早速ですがUNiDAYSと言う学生にとって利点しかないサービスを知っていますか?

UNiDAYSとは?

日本では現在Apple Musicの学割を適用するためにしか使えないサービスですが、

イギリスやアメリカをはじめ、世界19カ国の学生に愛用されているサービスです。

具体的に何かと言うと。。。

有名ブランドなどが買い物時に使えるクーポンコードをここで提供していて、学生はこれを使ってお得にお買い物が出来るというのです。

今回はその登録方法を図解で紹介したいと思います!

必要条件

unidays10

UNiDAYSに登録するためにはいくつかの条件をクリアしなければなりません。

それは以下のとうり

  1. UNiDAYSサービス展開国にある学校に在籍していること(留学でも可)
  2. 在籍している学校がUNIDAYSに認められていること(大学、高校、ランゲージスクールなど)
  3. 学校が発行しているメールアドレスがあること(在学証明に必要)
  4. メールアドレスがない場合は学校のオンラインポータルサイトがあること(在学証明に必要)
  5. どちらもない場合は学校内にWi-Fiがある事
  6. 16歳以上

 

UNiDAYSサービス展開国にある学校に在籍していること

冒頭でも言いましたが現在は日本では登録できません。

ですが現在世界19カ国内では登録できるので、この国々の中にある教育期間に在籍していることが必要です。

在籍している学校がUNiDAYSに認められていること

自分の教育期間があるかどうかは登録時に候補として出てくるかどうかで確認できます。

もしリストに自分の在籍している教育期間が無くても、名前と学校で発行されたメールを登録しリクエストを出すことができます!

学校が発行しているメールアドレスがあること(認証に必要)

学校に学生として登録際に学生メールアドレスが発行されます。

メールアドレスは大体学生番号.大学名.ac.uk などとなっています。

メールアドレスの最後がにac.(国のドメイン com, uk, jp, au)になっている事がほとんどです。

メールアドレスがない場合は学校のオンラインポータルサイトがあること

これはメールアドレスがまだ無い方や分からない時に使える登録方法です。

学校が公開しているオンラインポータルサイト(教材や大学での自分の情報が観れるサイト)があればメールアドレスなしでも、ログインするだけで在学証明登が可能です。

通信制でメールアドレスがない!

このような場合はサポートにメッセージでその旨を伝えればできるそうです。

詳しくはこちら

その際には学生証の裏表の写真を添付する必要があり、確認が取れ次第学割が適用されるようになるとの事です!

 

年齢

上限はありませんが、16歳未満は登録できません。

 

UNiDAYSの登録方法

iPhoneなどAppleデバイスから登録する場合は下リンクから登録するのがおすすめです。リンクをクリックすると、apple musicに登録していない場合は登録を促されるので指示に従いましょう。
Apple Musicを学割で登録!
分からないことが出てきたら戻ってきてください!

 

日本でApple Musics用にアカウントを作りたい方はこちら↓

Unidays JAPAN

イギリスの国を選択した状態のスクリーンショットで紹介していきます。

国を選択

在学先の国を選択しましょう。

ホームサイトの右下に「Change country」が有るので、そこから自分の滞在国を選択しましょう。

unidays2

イギリスやアメリカの場合英語で書いてありますが、それ以外はその国の言語となる為分かりにくくなります。ステップバイステップで紹介するのでこの通りに進めていけば登録できるでしょう。

unidays3

 

メールアドレス・パスワード登録

ログインようのメールアドレスとパスワードを登録しましょう。

unidays3

オファーやお知らせのメールの受け取り有無を選択

メールアドレスとパスワードを選択し終わると、オファー(お得情報)をメールで受け取るかどうかを選択します。

unidays4

自分は選択をしない設定にしました!

「受け取らない」設定にすると、次のページで「本当に?」と念を押されますが上から2個目の「No, I hate awsome money saving Emails」と言うのを押しましょう。

名前と学校登録

ここでは名前を上から「名字」と「なまえ」を入力します。

unidays6

そして次に学校名ですが、途中まで入力していくと候補が出てきます。そこで見つける事ができた場合はそれを選択しましょう。

UNIDAYS JAPAN

日本のユニデイズサイトの場合、日本語で入力していくと候補が日本語でてきます!

Unidays jaapn

 

学校名が候補に出てきた場合

在籍する学校を見つけられたらクリックし、コース名も入力しましょう。

次に学年を選択します。

最後に残りの年数を選択しましょう。終わったら「Continue」です!

次に進みましょう。

学校名が候補に出てこなかった場合

この場合「Continue」の下にある「Can’t find your institution」を押してください。

そうしますと下のような画面になります。

unidays7

一番上に学校名

真ん中と一番下のフィールドには学校でもらったメールアドレスを入力します。

あとはUNiDAYSからのメールを待ちましょう。

 

学生証明・在学証明

学校登録をすませると続いては学生証明・在学証明です。下のような画像が出てきます。

学校が発行するメールがある場合

unidays8

上のらん二つの欄に学校で発行されたメールアドレスを入力しましょう。

済んだら「Send email(メール送信)」を押します。そうすると間も無くそのメールアドレスに確認メールが届きます。

そこに在学証明リンクが貼ってあるのでクリックしましょう。

学校が発行するメールが無い/使えない場合

「Send email(メール送信)」の下にある「Try alternative method(違う方法で確認)」を選択しましょう。

そうしますと以下のような画像が出てきます。

AlternativeMethod

 

  1. 「Launch portal(ポータルサイトを開く)」をクリックします。そうするとあなたの選択した学校のポータルサイトが開くのでそこで学生IDとパスワードをいつも通り入力し、ログインしましょう。在学証明が完了します!
  2. メールアドレスがないのにこのオプションがあるというのは何らかのジョークでしょうか?
  3. 「Verify on campus」は個人的には素晴らしい方法だと思います。自分の学校にあるWi-Fiに接続するだけです!

完了

これで完了です。次回からはUNiDAYSのサイトにログインをしてクーポンなどをゲットしましょう!

もちろんApple Musicの学割もね!

 

UNiDAYSサポートページ

ユニデイズサポートページはなぜか日本語サイトにあるサポートリンクからサポートページに飛べないのです…

 

ですがもし登録時に大学のメールアドレスが無い場合はサポートページにアクセスできます。

メールアドレスとパスワードの設定のを終えた直後のページに”Support“と書いてあるのでそこを押しましょう。

進んでいくとサポート内容を送ることができますよ!

 

さいごに

以上、「UNiDAYSの登録方法【図解】Apple Musicの学割、割引を使いこなすんだ!」でした。

これであなたも在学中に学割を使いまくる事ができきますね!もちろんアップルミュージックの学割も受けることができます!

UNiDAYSの登録ステップを紹介しましたが、登録の最中、在学証明で詰まる方が多いそうですので気をつけましょう。次回あたりに解決策を探してみたいと思います。

kazu

イギリスで情報セキュリティー関係を目指す大学生ブロガー 旅行と食べる事と写真撮影が趣味です。イギリスに来る留学生の手助けをメインテーマに書いていきます。 あ、ちょくちょくIT系も書いていきます笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です