どうも、イギリスにきて初めてアルバイトをしたカズです。

留学に来る目的としては語学の勉強、興味のある分野の勉強、自分探しなど色々あると思います。

短期間から長期間、様々な期間の留学がありますが、ただ一つ変化せずに学生を苦しませ続けるのが生活費の高さです。

特にイギリスは物価がすごく高いので収入がなければお金はぐんぐん減っていく一方です。

そんな高い生活費の足しになったのが現地でアルバイトをして得たお金です。

 

留学中にアルバイトをするべきなのか

日本だと皆さんも知っている通り、かなりの数の学生がアルバイトをしていますよね。

やはり学生はソーシャルや友人との付き合いでたくさんお金を使うので、現地でバイトをするべきなのか迷っていたり考えている人もいると思います。

今回は留学先でもやはりバイトをするべきなのかをここで自分なりに考えてみたいと思います。

 

アルバイトをすることの利点

実は自分も現地でバイトをしている留学生バイターです笑

学生バイトの王道、飲食店バイターとして感じたアルバイトをすることの利点をあげてみたいと思います。

 

圧倒的に英語に触れる機会が増える

現地でバイトする場合、職種にもよりますが、一定の現地の言語を話せることが求められます。

イギリスでバイトをする場合、ある程度英語力が必要になりあますし、あなたの会話力(コミュ力)が後々の給料に反映されます。

 

日本食料理店や日本人と働かない限り、働いている間の会話は全て英語になるでしょう。接客も苦情への対応も英語になります。

なので普段学校では習わない英語を自然と聞くことになるので、ある程度英語力がある人はさらに英語力を伸ばすことのできるアルバイトになるでしょう。

 

コミュニケーション能力が上がる(人による)

イギリスの飲食店で働く場合、お客さんとのコミュニケーション能力も必要になって来ます。なくても問題ではありませんが…

なぜかというと、イギリス人は店員と話すこともその店の評価対象にするからです。

注文取るときや会計の時に短い会話をすることがとてもプラスになります。

Was everything ok today?

Is this your first time here?

Thank you for coming back!

Did we do everything as you expected?

など、本当に短い質問ですが答えはすごく長く帰って来ます。オープンな質問が得意なイギリス人はたくさんいるのでシンプルでいいのです。

 

現地の人を知れる

自分が留学している町、リーズには色々なところから人が来るので自分お働いているお店にもい様々なところかお客さんが来ます。

ですがそれでも一番来てくれるのはローカルの人たちです。

なので必然的にその人たちの町の住人の人間性や大体の性格などを垣間みることができます。

 

バイト先の知り合いとの交流

もし大学などで友達作りに悩んでいる方は、アルバイトをすることでバイト先の学生などと仲良くなれるかもしれません。

とてもバイター同士中のいいバイト先なら、色々出かけることにもなるでしょう。

友達を作ったり英語を話す機会をさらに増やすチャンスです。

 

現地通貨を得られる

これほど喜ばしいことはありません。留学先によって日本と比べて物価が高い安いありますよね?

ですが現地でアルバイトをする場合、最低賃金は国の物価によってそれぞれ決められているため、物価に合わせた給料がもらえます。

 

日本円で買い物することがなくなるので、手数料や為替の値動きを気にしなくてもすみますね!

現地通貨で稼いで現地通貨で消費、理想的ですね。

 

専攻以外のことも学べる

大学の勉強しかしていない時に、気分転換でアルバイトをするとまた学校では習わないことが学べます

飲食店ならコミュ力、バーテンダーとしてバイトしている私はお酒やカクテルについて色々学びました。

生きていく上であとあと使えそうな能力が学べれば最高ですね!

 

気分転換になる

留学開始後ある程度たつと、旅行者気分もあわり、課題に終われる日々で引きこもりがちの生活になります。気づいたら昼夜逆転していることも!

アルバイトをしていると時間厳守で行動しなければならない為、狂った体内時計を直すのと、規則正しい生活をすることに繋がります。

そして引きこもりがちな生活をしているなら、外に出て人と話す機会にもなります。

 

アルバイトをすることの欠点

いいことばかりのように見えますが、いくつか欠点もあります。

バイトのシフトをいれすぎた為の問題

バイトを始めると、人によっては「たくさん稼ぎたい!」とたくさんシフトに入る学生がいます。

そうすると起こるのが、すべて中途半端になっってしまう現象

 

バイトが忙しすぎて課題が終わらない、旅行に行けない、友達との誘いを断り続けてしまうなどですね。

バイトに専念しすぎて留学が日本での生活と同じになってしまっては本末転倒なので気をつけましょう!

 

時給について

イギリスの最低賃金は年齢によって変わって来ます。

Year 25 and over 21 to 24 18 to 20 Under 18 Apprentice
April 2018 £7.83 £7.38 £5.90 £4.20 £3.70

上の表が2018年4月以降の1時間の最低賃金です。

18歳未満の場合はなんと£4.2という低さ。

そして留学生の年齢に一番多い21歳から24歳は最低£7.38(1084円)となります。悪くはないかも?

 

ですがロンドンなどで聞く話ですが、学生が時々最低賃金以下で働かされているそうです。(賄いはあるとけど)

なのでバイトを始める前にしっかりと給料面の話はするべきです

 

労働時間上限

イギリスに留学にくる学生の方ならきっと取るであろう「Tier4 Student Visa」を持っている場合、一週間で最高20時間しかアルバイトはできません

しかし留学中色々な授業があるのが普通なので20時間も働けることはないと思います。

 

給料

21歳の学生が、一週間に12時間(6時間を二日)、最低賃金でバイトをした場合、もらえる額はだいたい£89(13000円)くらいです。

どうでしょうか。

1時間当たりの給料も経験によって上がっていくところがほとんどなので、もっと貰えるかも?期待できます。

 

オススメな職種

やはり王道の飲食店でしょう。キッチンなどで働かない限りお客さんとダイレクトで会話もあり、英語力の強化もできます。

しかもイギリスやアメリカはチップ社会なので、1日の終わりに時間給とは別にチップももらえるところがあります。

 

チップの分け方によってはお店によって違いますが、高級レストランの場合はお客さんもある程度裕福な方になる為チップ量も増えます。結果的にもらえるチップの量も変わるでしょう。

やることはたくさんありますが、飲食店がやはりオススメです。

 

さいごに

以上、「イギリス留学中にアルバイトを考えている君へ 利点/欠点、時給やオススメ職種など」でした。

これから留学する方や今留学中でアルバイトをしようと迷っている方の参考になれば嬉しいです!

押すだけで大丈夫です!飛んで感謝します!

シェアする:

kazu

イギリスで情報セキュリティー関係を目指す大学生ブロガー 旅行と食べる事と写真撮影が趣味です。イギリスに来る留学生の手助けをメインテーマに書いていきます。 あ、ちょくちょくIT系も書いていきます笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です