どうも、イギリス留学中に口座を現地で二つも作ってしまったカズです。

このページに来ている方はもうすでに口座新設を決めた方々だと思いますが、留学先で現地の口座いるの?ともし疑問に持っているあなた。

ないよりはあったほうが節約できますよ。

バイトをするなら給料は現地の口座に入ってくるのがベストですし、カード社会のイギリスでみんながスラスラカードで払っているのに、日本のカードで他の人よりも時間がかかるのを防ぐことができます。

イギリスで銀行口座を作るには

中学卒業してイギリスに来た時は自分で自由にマネージメントできる口座は持っていませんでした。

なので「自分も口座が欲しい!」、「Apple Payが使いたい!」などの理由で口座を二つ作ったので、経験談と軽い作り方的なのを紹介したいと思います。

銀行を選ぶ

銀行の選び方ですが、普通渡英したての方、ましては学生はどの銀行がどういいのかなんてわからないと思います。なので銀行の簡単な選び方を紹介します。

 

数ある中からまず、自分の住んでいるところに支店がある事が絶対条件です。

これさえ満たしていればあとはぶっちゃけあとはどこでもいい気がします。そのあとは特をするかしないかです。

 

銀行としてもやはり口座を作ってもらいたいので、かく銀行で色々なキャンペーンを実施しています。

例えば、この間紹介した、イギリスで安く電車のチケットを買う方法でも紹介したRail Cardが無料でもらえるとかです。

ネットなどで気になる銀行のホームページに飛んでみましょう。キャンペーン情報がわんさか載っています。

因みに自分はBarclays とHSBCの口座を持っています。

この二つを選んだ理由は特にないです。笑

 

支店に行く①

口座を作りたい銀行が決まったら、その銀行の支店に行きましょう。

行員がエントランス通過後に一人くらいいるのが普通ですが、居なかったら誰かに

I would like to make an account here.

と言ってみましょう。

 

1回目の訪問でそのまま口座が作れることは稀にあるかもしれませんが、ほぼないです。

1回目の訪問は基本的にその場で何故作りたいのか質問をされて、その後詳しい手続きのりの予約(アポイントメント)を取る事にならます。

 

支店に行く②

予約を取った後はその日に行くだけです。

持って行くもの

  • パスポート
  • BRP
  • 大学や仕事で来ている場合はそこへの所属を証明できる書類
  • 現住所が証明できるもの

予約を取る際に何が必要か聞いておくべきですが、私が持っていったものはこのくらいでした。

 

あとはインタビューに答える

書類が全て揃ったら、あとは行員のインタビューに答えるだけです。

なぜ口座を作りたいか、あなたの今後の予定などですね。

キャンペーンのことも忘れずに伝えましう。

 

インタビューと口座親切にかかった時間は1時間くらいだった気がします。

 

開設おめでとう!カードを待つ

口座を作り終えると一週間ほどでキャッシュカード兼デビットカードが自分のアドレスへ届きます。

口座の管理、残高確認や送金などで便利なモバイルバンキングにも登録しておきましょう。

モバイルバンキングとは、自分のスマホから上で紹介した口座の管理、残高確認や送金などができるアプリです。

友達間での送金など、日常的にあることなので、絶対に登録しておいた方がいいと思います。

 

やり方はとても簡単です。自分の銀行のアプリをダウンロードして、自分のアカウント情報と本人確認を済ませるだけです。もしわからなければ銀行員に質問してみましょう。

 

さいごに

以上、イギリスで銀行口座を作りたい人向けにおくる「イギリス留学中に銀行口座を作る方法」でした。

この方法は自分が誰にも聞かずに一人で銀行に出向いた時に知った方法なので参考程度に載せてみました。もし細かいところでわからない所があれば、フラットメイトや近くにいる口座を作ったことがある人に聞いてみましょう。もちろん、銀行に直接出向いて聞いてみるのもありです!

現地で口座を持つと現地通貨で貯金ができるので、色々と手数料や為替の変動によるそんが減ります。

 

一番いいのは現地でバイトしてそのお金で現地で生活することです。

では!

kazu

イギリスで情報セキュリティー関係を目指す大学生ブロガー 旅行と食べる事と写真撮影が趣味です。イギリスに来る留学生の手助けをメインテーマに書いていきます。 あ、ちょくちょくIT系も書いていきます笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です