どうも、イギリスのリーズでセキュリティーエンジニアを目指してるカズです。

イギリスに留学している皆さんは一度はいくパブ、寮によってはコモンルームという共有スペースにも置いてあったりするのがビリヤードテーブルです。

正式には、イギリスに置いてあるほとんどのテーブルは少し小さめで、ビリヤードではなくプール(pool)と呼ばれているのです。

ソーシャルイベントなどで絶対にやることになるイギリス式のルールを今回は紹介したいと思います。

エイトボールと言われる最も遊ばれているゲームのルールです。

突き詰めるとキリがないので最も基本的なルールとやり方を紹介していきます。

さいごに考えられる状況とルールを適用する方法も載せておきます!

目次

イングリッシュ・エイトのやり方

プレーに必要な道具

  • プールテーブル
  • 3種類のボール
  • ボールを並べる三角形の型
  • 球をつく棒(キュー)
  • チョークと言われるキューの先端につける滑り止め

chalk

とりあえずプレーに必要なものです。

チョークはなくても遊べますし、キューも一本あれば二人で使えるので大丈夫です。

ちなみにチョークは画像の四角いやつ。

あ、このゲーム基本二人か四人で遊ぶゲームです。

ボールの並べ方

ボールの種類は基本的に3種類あります。(上の画像はアメリカン式)

ボールの種類

  • 白のボール(キューボール)
  • のボール
  • 色のボール
  • 8の数字が書かれた黒のボール

です。

白のボール(キューボール)はプレヤーがキューを使ってつくことが出来るボールです。

赤と黄色のボールは各プレイヤーが落とさなければならないボールです。

ただ、どれでも落とせば良いという訳ではないです。(追って説明)

上の画像のように 、三角に組まれたボールをラックと言います。

なのでボールのセッティングをラックを組むと言います。

組み方は2種類あります。

地域とルールによって異なると教わりましたが、そのうちの一つは下の画像の通りです。

 

 

基本ルールとツーショットルール

基本的なルールをここで紹介します。

ツーショットルール

イギリス式のビリヤードにはツーショットルールというものがあります。

これは単純に、相手が下のリストにあることをした際、二回続けてあなたの番ということです。

もしあなたが次の番でボールをポケットした場合、そのままつずけて打つことができるので、ツーショットルールの一球は消費されません

ですがこのルール適用中に以下のリストにあることをしてしまった場合、すぐに相手の番となります。

ツーショットルールが適用される、想定出来る場面

  • 白いボールを入れてしまった。(フリーボールルールも適用
  • 白いボールが相手のボールに自分のボールよりも先に当たった。
  • 相手のボールをポケットしてしまった。
  • 白いボールが止まるまでどのボールにも当たらなかった。
  • 白いボールがテーブル外に出他場合(フリーボールルールも適用

フリーボールルール

もしプレイヤーがリスト内のミスをした場合、次のプレイヤーに適用されます。

これは線の狭い方の中なら、白いボールをどこにでも置いていいルールです。

ただし。ボールは線の外側に向かって送らなければなりません。

フリーボールルールが適用される、想定出来る場面

  • 白いボールを入れてしまった。(ツーショットルールも適用
  • 白いボールがテーブルの外に出てしまった。(ツーショットルールも適用

同じ色のボール軍だけを狙う

キューボールが最初に当たるボールは自分の持ち色でなければなりません。

ゲーム開始時に赤を最初に入れた場合、ゲームが終わるまでずっとそのボールを最初にぶつけなければなりません

もし、自分の持ち色では無いボールを先に当ててしまった場合、相手の番となりツーショットルールが適用されます。

もし持ち色のオールをポケットした場合はもう一回できる

持ち色を一個でも二個でもポケットできた場合、あなたはそのままターンを続けることができます。

しかし幾つのボールを同時にポケットしたとしても与えらるチャンスはプラス一回です。

その一回でまたボールを入れた場合

またまたあなたの場合です

その一回でどのボールポケットできなかった場合

次の人の番です。

ツーショットルール適用時

前の人のミスでツーショットルールが適用されてる場合で、ボールをポケットした場合ツーショットルールは消費されません。

ツーショットルールが消費される場合は、何もポケットできなかった場合です。

 

白のキューボールはポケットしてはいけない

どんな状況でも、白のボールはポケットしてはいけません。

ポケットしてしまった場合、

相手の番となりツーショットルールが適用されます。

フリーボールルールも適用されます。

黒のボールは最後

黒い八の数字が書かれているボールは一番最後、自分の持ち色のボールが全てなくなった時に入れなくてはなりません。

ただし黒のボール以外狙うボールがない場合、突けるのは一回です

相手のミスでツーショットルールになったとしても、黒しかない場合は適用されずに一回だけです。

ミスしてしまった場合は次の人の番です。

もし黒いボールに最初に当たってしまった場合

相手の番となりツーショットルールが適用されます。

もし黒いボールを自分の持ち色のボールがなくなる前に入れてしまった場合

あなたの負けです。

黒のボールを入れたら同時に白のボールも入った場合

あなたの負けです。

ゲームの始め方

ゲームの始め方は簡単です。

白いボールを、組んであるラックに向けてつき、ラックのボールをバラバラに散らばせるのです。(この記事の一番上の画像のように)これをブレークシュットと言います。

そしてどれかのボールが入ったか入らなかったかでその後の行動が変わります。

赤のボールのどれかが入った場合

ブレークをした人が赤のバールのどれかを入れた場合、その人はこれから赤だけを狙うことになります。

黄色のボールのどれかが入った場合

ブレークをした人が赤のバールのどれかを入れた場合、その人はこれから黄色だけを狙うことになります。

黒のボールが入ってしまった場合

再度ブレークしましょう。しかし、お金を入れなければプレーできないテーブルの場合そのままルールを変えてプレーしましょう。

例えば同じ色のボールを最も早く入れた人の勝ちなど

白いボールが入ってしまった場合

どれか他のボールも入った場合

白以外のボールもポケットに入った場合、その色のボールがあなたのこれから狙うボールになります。

ですが白のボールを入れてしまったため、ターンは次の人に回ります。

この際 、ツーショットルールが適用されます。

ブレークはしたけど白いボールだけ入った場合

ターンは次の人に回ります。次の人はどの色のボールでも狙えます。(オープンテーブルという)

白いボールを入れたためツーショットルールが適用されます。

白いボールを入れたためフリーボールルールが適用されます。

ゲームの終え方

勝ち負けは誰が最も早く持ち色のボールを全て入れ、その後黒のボールを入れることができるかで決まります。

持ち色のボールが全てポケットされてもいないにも関わらず黒ボールが入った場合、入れた方の負けです。

考えられるシナリオ

ブレイク時に両方の色がポケットされてしまった場合(白はテーブルに残ってる)

この場合、先に入った色があなたの色です。

ですが同時に相手の色も入れたことになるので、相手にツーショットルールが適用されます。

先に入ったボールの特定が不可能な場合は相手と相談ですね。

ブレイク時に両方の色とキューボールを入れてしまった

この場合、先に入った色があなたの色です。

ですが同時に相手の色も入れたことになるので、相手にツーショットルールが適用されます。

さらにキューボールも入ってしまったので相手はフリーボールでスタートです。

ブレイク時にどのボールも入らなかった

相手の番です。

オープンテーブルといい、黒ボール以外のどのボールを狙っても変わりません。

相手のボールが先に当たった

相手にツーショットです。

相手のボールを入れてしまった

相手にツーショットです。

白ボール(キューボールを入れてしまった)

相手にツーショットです。相手にフリーボールです。

キューボールがテーブルの外に出てしまった。

相手にツーショットです。相手にフリーボールです。

全持ち色ボールが入っていないのに黒ボールを入れてしまった場合

あなたの負けです。

黒ボールと白のボールを同時入れてしまった場合

あなたの負けです。

ツーショットルール適用中の自分の番、どのボールも入れられなかった場合

もう一回できます。

ツーショットルール適用中の自分の番、持ち色ボールを入れた場合

ボールポケットのターン継続1球+ツーショットルールの1球ができます。

ツーショットルール適用中の一球+ボールポケットのターン継続1球の時にもう一回ポケットした場合

ボールポケットのターン継続1球+ツーショットルールの1球ができます。

ツーショットルール適用中の自分の番、白ボールを入れてしまった場合

相手の番です。相手にツーショットです。相手にフリーボールです。

ツーショットルール適用中の自分の番、相手ボールを入れてしまった場合

相手の番です。相手にツーショットです。

ツーショットルール適用中の自分の番、白ボールがテーブル外に出た場合

相手の番です。相手にツーショットです。相手にフリーボールです。

ツーショットルール適用中なのに相手がそれを飛ばしてしまった場合

あきらめましょう。相手がプレイする前に主張しましょう。

キューで着くまえに白ボールに当たってしまった場合

厳密に言えばファールとなり、相手の番で、相手にツーショットです。

ですが学生同士なら、戻してそのままプレイをつずけることができるでしょう。

キューがテーブルに乗らないと届かない場合

ルール上、片足が地面について入ればお尻をテーブルのレール状に乗せることができます。

だの足もつかずにテーブルに乗っている場合ファールです。

さいごに

シンプルで楽しいスポーツですが、色々とルールがあり最初のうちはスムーズにいかにかも知れません。

でもとても楽しいスポーツなので周りのイギリス人などにやり方を教えてもらいましょう。

突き詰めるとテクニックがたくさんあってとても奥が深いスポーツにもなります。

さて、パブに行ってこようかなー

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
にほんブログ村

kazu

イギリスで情報セキュリティー関係を目指す大学生ブロガー 旅行と食べる事と写真撮影が趣味です。イギリスに来る留学生の手助けをメインテーマに書いていきます。 あ、ちょくちょくIT系も書いていきます笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です