どうも、イギリスでセキュリティーエンジニアになるべく留学しているカズです。

この時期、留学準備、大学や高校への入学で留学しようと考えている人居ませんか?

 

実際留学を決意するのは簡単なことではないと、経験者として迷う気持ちは十分知って居ます。

ここで改めて留学した方が良い理由を私の経験を含めて紹介したいと思います。今回はメリット編です。

それでは

 

留学した方が良い理由

1.他国でしか得られないものがある

高校生や大学生という将来何をしたら良いかわからない人にとっては留学はとても大切な人生経験だと言えます。

日本で英語や他の言語を学ぶことは今の時代YouTubeや他のサービスである程度達成できます。

しかし他国の雰囲気や現地の人の振る舞いなどは、現地で得られる唯一無二の経験です。

 

2.留学に行くことで現地での文化、伝統に触れることでできます。

これにより今までにない考えられないことや想像もしなかった発見ができるはずです。

日本に居た場合、全てのことにある程度の想像はできます。しかしテレビの特番で取り扱っているような事が、日常茶飯事として身の回りで起るので日々新たな発見があります。

 

そして海外で住んだことのある経験をがない方々にとっては食や文化にショックを受ける事もあります。最初はウキウキで全てが素晴らしく見える事が多いですが後々その考えが変わる事も…

 

3.違う学び方を見つける事ができる

「全世界、同じような方法でみんな勉強をしていないだろう」ということは誰にでもわかると思います。

留学をする事で、今まで勉強してきた同じ専攻でも違った捉え方や勉強の仕方を見つける事ができるでしょう。

 

私は同じ数学を一度イギリスで学びなおしました(コーズの一環として)。レベルは中学校レベルでしたが、筆算のやり方や考え方の違いにはびっくりしました。「こっちの方がやりやすい」と、日本で習った方法でやらずにイギリス式に触れる良い機会となりました!

これにより現地の人の考え方や伝統は何処からきているのかを学ぶ事ができるでしょう。

もちろん留学ですから、何かを学ぶために行くのです。

それが言語であれ、自分の得意な分野であれ不得意な分野であれ、

力一杯やらなければなりません。

 

ただ、いつもとは違うモチベーションや目標を持って学べるので学びが楽しくなります。(個人差あり)

 

4.留学先をベースとして様々なところに旅行できる

学力に励む事も大切ですが、旅も学びの一つです。

留学中の、留学先の国のみならず近場の国にも出かけられます。

イギリスで留学すると決めた場合、ヨーロッパ内近場の国といえば20カ国以上あります。

しかも近いし安いので週末にも違う国にいけます。(もちろん学びにね笑)

 

5.語学力を向上させる

「英語をまなぶのではなく、英語で何を学ぶのかが大切」と言われていますが、その通りです。

しかしやはり英語圏に行き英語漬けの日々を送るのだから、帰る頃には英語力もつけて帰りたいですよね。

やはりリスニング能力

 

これは可能ですが、語学力向上をメインとしてしまうとあとあとづまずく危険があります…

「留学しても英語力が上手くなった気がしない」という方へ

 

6.帰国後のアドバンテージ

留学中に何を経験するか、何を得るのかは人それぞれです。

帰国後のあなたは留学前とは違う人間になっているはずです。いい意味でね。

新たな価値観や考え方スキルを持って就活に挑む事ができますし、これまで考えもしなかったことを将来できるようになっているかも知れません。

 

全てを捨てて留学を決意する力、努力の成果を見落とす会社は…言葉がありません。どれだけ周りと違う事ができるか、どれだけ周りから差をつけるかが大切な時代なのです。

 

7.新たな出会い

留学先は学びだけではなく、新たな出会いの場でもあるでしょう。

ほとんどの場合知り合いや友達がゼロからのスタートです。

親しい人をまた作り直すのですが、これがかなりおもしいです!

 

出会うのは全国から集まる同じ志を持った仲間たちや、世界中からきた留学生などです。

全国に知り合いができるのはある程度歳をとればできますが、世界中に知り合いができるのは留学ならではの事です。

仲良くなって母国にお邪魔するのも良いですが、お友達が日本に来た時はぜひ案内して見ましょう!

 

8.やりたい事が見つかる

すでにやりたい事が見つかっている方は関係ないかも知れませんが、もし自分が将来何をやりたいのかがはっきりしていない人は見つかるかも知れません。

残念ながらこれは保証はできませんが、良いチャンスには必ずなります。

 

自分は高校留学中までは将来何になりたいかという目標はありませんでした。

小学生の夢は警察官、ですがいつからかその夢は現実的ではない(体力的、能力的、学力的に)といつの間にか諦めていました。それでピンと来た学部(IT、情報工学)を専攻しました

しかし大学進学でどの大学にしようかを決めていた時に「Computer Security, Cyber Security」のコースを知り即決しました。

イギリス大学進学 UCASを使って合格するまでの道筋

 

9.自由な時間を有意義に使える

留学生活のような、長い時間海外にいることは社会人になってからだと難しいと私は周りの大人に言われて来ました。

色々な生活スタイルが近年出て来ているので数年したらこれは時代遅れの考え方になるかもしれません。

ですが長期間日本での日常を一度捨てて見知らぬ土地で違う経験ができるのは学生の時ならではのこたではないでしょうか。

一度会社に入れば海外に旅行、勉強する機会はグンっと減るでしょう。学生のうちに様々なところへ行き世界を見て見ましょう。これからの人生で役に立つことは必ずあります。

 

さいごに

どうですか?全てがピンとこないかも知れませんが、何か求めていた疑問へ対しての答えが見つかったなら嬉しいです。

 

冒頭でも言いましたが、留学をするかしないか決断するのはとても難しい事かも知れません。

でも確かな理由がどうしても見出せないのであればやめましょう。

メリットもありデメリットもあるのが留学です。全員が全員思い通りの事ができるようになるとは限リマセン。

 

ですが私が今自信を持って言える事が、これまで留学を決意してから自分の決断を後悔したことはありません。

以上、「経験から得た留学した方が良い9つの理由」でした。

シェアする:

kazu

イギリスで情報セキュリティー関係を目指す大学生ブロガー 旅行と食べる事と写真撮影が趣味です。イギリスに来る留学生の手助けをメインテーマに書いていきます。 あ、ちょくちょくIT系も書いていきます笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です